喉の痛み 咳 病院 何科

喉の痛みや咳は何科の病院で診てもらう?

スポンサーリンク

 

 風邪による喉の痛みや咳があると子どもなら小児科、大人であれば内科を受診する場合が多いでしょうが、風邪以外で喉の痛みや咳があったら一体病院の何科を受診すべきなのでしょうか。
 ここでは、それぞれの病院の科の特徴とどんなときに受診したらよいのかを紹介します。

 

 まず、喉の異変ということで、大抵の場合耳鼻咽頭科での受診が可能です。
 耳鼻咽頭科は、基本的に脳や目、歯以外の首より上の部分の症状であれば治療可能といわれています。

 

 そのため風邪ではなく、咳のしすぎによって炎症を起こし喉の痛みを発症している場合や、あるいは喉の痛みや咳がウイルス性のもので炎症を起こしていたとしても耳鼻咽頭科で治療が行えます。

 

 次に体調が悪いということで、診察の入り口として内科が考えられます。
 内科は熱や喉の痛み、腹痛など様々な体調不良に対応する科なので、もし喉の異変のほかに倦怠感などを伴っているようであれば耳鼻科よりも内科を受診したほうがよいでしょう。
 また内科は症状を見極めるための科でもあるため、初診として内科を受診して、原因が特定できたら別の科を受診する場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

 その他には、より専門性が高い呼吸器科も可能性としてあげられます。
 喉の不調が長く続いている場合は、気管支炎などが考えられます。
 そうなると耳鼻咽頭科での治療は困難となるので、呼吸器科のような専門性の高い科を受診する必要がある場合があります。

 

 ここで紹介したように大抵の場合は耳鼻咽頭科で治療ができますが、中にはより専門的な治療が必要な場合もあるため、どんな場合でも耳鼻咽頭科がベストというわけではありません。
 特に喉の異常のほかに体に異変があったり、症状が継続しているような場合には注意が必要です。

 

 しかしながら、素人判断ではなかなか症状を見極め、適切な受診先を決定することが難しい場合もあるので、もし何科を受診したらよいのか判断に迷ったときにはまずは内科を受診して適切な治療先を判断してもらうのがよいでしょう。

 

 次はこちらの記事です。
 喉の痛みが治らない病気とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。