唾を飲むと喉が痛い 熱はない 薬

唾を飲むと喉が痛いが熱はない!この場合の薬は?

 唾を飲むと喉が痛いと気分が悪くなったり食事の際に辛くなるのが一般的です。

 

 この場合、例えば扁桃腺の場合は高熱に上がる危険がありますが、熱がない症状の場合は風邪の菌が鼻から喉にかけて存在している状態が多いのが通常だといえます。

 

スポンサーリンク

 

 この場合病院の内科に行き、喉の炎症を抑える薬を服用すると数日で症状が治まるのが一般的だと考えられています。

 

 もっとも日中は仕事で忙しい場合、熱がないなら市販剤で症状を改善する事も可能です。

 

 例えば薬局では薬剤師がいるため、薬を購入する際に喉の痛みの具体的な症状を相談すると回復のために適切な薬を販売してくれる事が多いです。

 

 また近年はコンビニでも喉の痛みに対応したトローチが販売されるようになりました。

 

 トローチは熱はない場合の喉の痛みを改善するのに手軽に利用できる手段の1つです。

 

 唾を飲むと喉が痛い症状が続くと風邪をこじらせる可能性が出てくるので早めに症状を改善しましょう。

 

 唾を飲むと喉が痛いけれど熱はない場合、そのまま放置をしておくと風邪が悪化して高熱が出てしまう事があります。

 

スポンサーリンク

 

 また、食事が辛いために食事量が減って体力回復にもならない可能性も出てきます。

 

 そのため熱がなくても早期に病院の耳鼻科や内科に診察に行くことを推奨します。

 

 特に喉の痛みに対応した病院の場合、症状に効果的に効くうがい剤を処方される事があります。

 

 病院が処方するうがい剤は市販で販売しているものよりも効果的に喉の炎症を抑える場合が多いといえます。

 

 したがって朝昼晩と決められた用法を守って使用すれば、痛みは早期に改善される可能性が高いでしょう。

 

 また喉の痛みの他に鼻水や咳が出ている場合は、風邪の菌を除去する事が必要になるため病院で処方された抗生物質を服用する良いです。

 

 早期に喉の炎症が治癒されていく事が多くなります。

 

 次はこちらの記事です。
 大人の喉の痛みと発熱の関係は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。