喉の痛み 発熱 高熱 大人

大人の喉の痛みと発熱の関係は?

スポンサーリンク

 

 人間の平熱は、人それぞれ異なります。
 だいたい平均でいうと、36.5℃ぐらいが平熱ということになります。
 大人で平熱が36.5℃ぐらいの人であれば、だいたい37℃を超えると発熱を感じ身体にだるさや熱っぽさを感じることが多くあります。

 

 また発熱の前には、喉の痛みを感じることがあります。
 喉がイガイガすることやつばを飲み込む際に痛みを感じるといった症状が出てきます。

 

 これは喉の近くの扁桃腺が腫れているためこういった症状を引き起こすことがあります。
 喉の痛みに対して対処する方法として、最もポピュラ−なものとしてうがいがあります。

 

 うがいは水でうがいすることよりもうがい薬や塩を入れた水を使ってうがいをすることでより大きな効果を得ることができます。
 また外出時は自宅に帰ってすぐにうがいをすることで痛みをおさえることができます。

 

スポンサーリンク

 

 熱は、大人であっても身体のだるさや頭痛などを引き起こし、38℃を越えてくると仕事や家事に集中できないという状況になりかねません。
 しかしこの熱の正体は、簡単に表現すると、身体の中で悪いウィルスを退治するために戦っているからこそ生じる現象です。
 したがって一般の風邪などであれば、数日の発熱の後に治るということが多くあります。

 

 また最近では、即効性のある薬も多く発売されており、これらの薬を服用することでどうしてもという用事のある日であれば、発熱によるだるさや頭痛をおさえることができます。
 これらの薬は、以前は飲むと眠くなるということが多くありましたが、最近はその点も考慮に入れた薬が発売もしくは処方されています。
 とはいえどうしても外せない用事や仕事をこなした後は、なるべく身体を休めることが大切な対処法となります。

 

 次はこちらの記事です。
 一週間たっても治らない喉の痛みと咳

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。