喉の痛み だるい 熱はない 原因

喉の痛み!だるいが熱はない原因とは?

スポンサーリンク

 

 風邪を引いた場合や体調不良になることにより喉の痛みやだるいと感じることがありますが、熱はないという症状になる場合もあります。
 こういった症状が起きてしまう原因として、部屋の空気が乾燥していることが関係しています。

 

 人は空気の乾燥した部屋に長時間いることによって、喉の痛みやだるいと感じやすくなることがあります。
 乾燥した状態で空気を吸いこむことにより、通常時に比べて喉の粘膜が傷ついてしまうことが多いです。

 

 熱はないということは風邪を引いている可能性は低いので、部屋の換気をすることによって改善されることがあります。
 または部屋を綺麗に掃除をすることでも、同様に空気の換気効果が得られホコリやゴミなどを除去することが出来ます。
 このように部屋にホコリやゴミが溜まっていることで、それが原因となって喉の粘膜を傷める場合があります。

 

スポンサーリンク

 

 熱はないがだるいと感じたり喉の痛みを感じてしまう2つめの原因として、声の出し過ぎといったことが要因となってしまいます。
 一般的な事例としてカラオケに行くことで発症することが多く、普段出さない声を出すことが原因となっています。

 

 主に大声を出して歌い続けることが多いので、その影響によって喉が疲労しやすくなります。
 また声や喉が枯れた状態で無理して歌うことについても、喉の粘膜を傷つけてしまうことが多いです。

 

 対策としては適度に休憩を入れる方法や、なるべく温かい飲み物を中心に飲むようにしていくと良いです。
 温かい飲み物については喉の調子を良くする効果があるため、その作用を利用すれば長時間歌っても整体が疲れにくくなります。

 

 カラオケによって普段以上に声を出し続けてしまうことで、熱はないが喉の痛みを感じてしまうことがあります。

 

 次はこちらの記事です。 
 喉の痛みと頭痛!熱なしの場合の対処法とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。