溶連菌 喉の痛み 治らない

喉の痛みがなかなか治らないのは溶連菌のせい?

スポンサーリンク

 

 喉の痛みがなかなか治らない時は溶連菌に感染している可能性があります。
 溶連菌は主に喉に感染する細菌で、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれています。
 子供が感染することが多いですが大人が感染することもあります。

 

 溶連菌に感染するとまず38〜39度の高熱が出ます。
 ただし、感染者が3歳未満の場合や免疫力の強い大人の場合は熱が上がらないこともあります。

 

 また、咽頭炎や扁桃炎を起こして咽に痛みが生じます。
 主な症状は発熱と喉の痛みなので風邪と混同しがちですが、風邪との違いは咳や鼻水はあまり出ないことです。

 

 また、イチゴ舌や発疹、頭痛、腹痛、リンパ節の腫れなどの症状が現れることもあります。
 イチゴ舌とは舌に赤い小さな水疱ができてイチゴのように見える状態のことで、感染者の半分くらいに見られます。
 その他にも中耳炎や副鼻腔炎、肺炎などの合併症を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 溶連菌の主な感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染ですが、小さな子供の場合は菌が付着した手やおもちゃなどを舐めて感染することもあります。
 感染から症状が現れるまでの潜伏期間は2〜5日くらいとされています。

 

 病院では発熱や喉の痛みをやわらげる薬とペニシリン系などの抗生物質が処方されるのが一般的で、これらの薬を服用すれば通常は2〜3日で症状が治まっていきます。
 溶連菌は弱い菌なので抗生物質を服用すればすぐに症状がよくなりますが、菌が完全にいなくなるまでの時間が長いので再感染しやすいという特徴があります。

 

 少しでも菌が残っていると重篤な合併症を引き起こす可能性があるので7〜10日以上は抗生物質の服用を続けることが大切です。
 どのくらいの期間服用を続けるかは自己判断ではなく医師の指示に従うことが大切です。

 

 また、2〜3日服用を続けても発熱や喉の痛みなどが治らない場合は薬が効いていない可能性があるのでもう一度病院で診察を受けることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。