喉の痛み 原因 ストレス

喉の痛みの原因はストレスだった?

スポンサーリンク

 

 冬の時期に多くなる風邪症候群は、多くの人が何度も経験することのある疾患です。
 風邪症候群の原因は、細菌であることもありますが、ウイルスであることが大半を占めています。

 

 そうした風邪症候群の、3大症状と呼ばれるものの一つが喉の痛みです。
 そのため、喉の痛みを呈する場合には、風邪症候群である可能性が高くなります。

 

 しかし、そうした風邪症候群ではないにも関わらず、喉が痛くなることがあります。
 なかでも最近増加しているのが、器質的な疾患がなく発症する、精神的なストレスが原因のものです。
 現代の社会は、以前よりも肉体を動かすことが、かなり少なくなってきています。

 

 その傾向は、大人ばかりではなくて、子供においても同じく起こっている現象です。
 以前の子供の場合であれば、公園に行くなどして、外で遊ぶことが主体となっていました。

 

スポンサーリンク

 

 それに対して現在の子供は、外で遊ぶよりも、室内でゲームなどをすることが増えています。
 人間の身体というのは、肉体を動かすことによって、精神とのバランスを保っています。
 すなわち、肉体を一定以上動かさないと、それが精神的なストレスになり易いのです。

 

 精神的なストレスというのは、さまざまな疾患に対して、関連性が指摘されています。
 例えば、精神的なプレッシャーが大きくなると、胃潰瘍になることは以前から知られています。

 

 精神的なものが原因ですから、マイクロファイバーなどの喉の検査をしても、異常は発見できません。
 それにも関わらず、喉が痛いと訴えるので、初期には診断が困難になることも珍しくないのです。

 

 こうしたときに受診すると良いのが、心療内科になります。
 心療内科では、そうした訴えをする患者が多いので、的確な診断と処置を受けることが可能です。

 

 次はこちらの記事です。
 喉の痛みや頭痛、だるいといった症状で考えられる病気とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。