扁桃腺 白い 痛くない

扁桃腺は痛くないのに白いものができたら?

スポンサーリンク

 

 喉を覗いてみたら扁桃腺に何やら白いものができていたなんてことはありませんか。
 特に痛みがないのにこのようなことになってしまうこともあるものです。

 

 このような時には、少し気をつけた方がいいかもしれません。
 そのままにしておくと、いけないことになってしまうこともあります。

 

 扁桃腺は喉の奥の両側にある器官です。
 本来は、外部から侵入してきた細菌やウイルスに対して免疫の役割を演じて退治してくれます。

 

 ただその働きは、身体がまだできあがっていない子供の場合です。
 中学生くらいでは、身体の免疫機能ができあがってくるために扁桃腺の免疫機能としての働きは終了してしまいます。
 その後は、扁桃腺は特に必要な器官ではなくなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

 扁桃腺に白いものができている場合には、扁桃炎になっていることが多いです。
 細菌やウイルスによって炎症を起こして白い膿状のものができるようになります。
 扁桃炎では、発熱や扁桃腺の痛み等を伴うことが多いのですが、痛くない場合もあるようです。

 

 初期段階であれば、ゆっくりと安静にしていれば自然と治ることもあります。
 風邪と同じように暖かくして寝ていることが基本になります。

 

 それによって身体の自然治癒力が働いて、細菌やウイルスを退治してくれるようになります。
 ただ、症状が進んでしまった場合には、それだけでの回復が難しくなることもあります。

 

 特に細菌の場合では、抗生剤による治療が必要になってくることもあるからです。
 細菌の中でも溶連菌と呼ばれるものでは、その症状も激しく出ることがあります。

 

 38℃以上の高熱を発したり、扁桃腺にが腫れて白い膿がついたり、喉の痛みが酷くなったら、早目に病院でみてもらうようにしましょう。
 また、アデノウイルスによる扁桃腺でも扁桃腺の腫れや白い膿、高熱などを伴うようになります。

 

 最初のうちは痛くなくても、扁桃腺が腫れて白い膿がついていたら、注意しましょう。
 気が付いたら症状が進行していた、ということにもなりかねません。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。