喉の痛み 咳 痰 血 薬

喉の痛みと咳、痰に血が混ざる場合の薬は?

スポンサーリンク

 

 咳が出て喉の痛みの症状がある際に、咳をした際に痰が出る方あるかもしれません。
 その際に痰に血が混ざったものが排出されることがあります。

 

 出血を伴っていると、びっくりしてしまいますがほとんどは心配しなくてもよい状態といえるでしょう。
 喉の周りの粘膜が何らかの刺激によってキズがついてしまい、痰に赤みがかったものが混ざったと考えられます。

 

 喉の痛みによって喉の粘膜も腫れて敏感になっているので、キズも発生しやすい状態といえるでしょう。
 粘膜のキズが治癒する同時に、痰に混ざった血も少なくなっていくでしょう。

 

 しかし、長時間止まらない場合や、痰に対しての血液の量が著しく多いと感じる場合、それ以外でも違和感を感じる場合はそのほかの病状の表れかもしれませんのですみやかに専門医に受診して診察を行ってもらった方がよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 喉の痛みを感じた際に考えられるのは、まず気管支炎といったことが考えられます。
 気管支が細菌によって炎症を起こしている状態です。

 

 細菌を抑えることの出来る抗生物質の投薬が効果的です。
 気管支の炎症がないのに、出血があった際は気管支ではなく肺の方の症状の現れかもしれません。

 

 喫煙者の場合でも症状が現れます。
 またさらに、肺がんの症状とも考えられますので、受診をおこなうことをおすすめします。

 

 それ以外でも、喉の炎症によって症状が発生することが多くあります。
 花粉症や、副鼻腔炎、長期的な風邪の症状、喘息などで喉の痛みが発生してしまいます。

 

 花粉症の場合は、効アレルギー物質の投薬など効果的な治療を行い、喉の炎症が治まるように症状がひどくならないうちに改善していくようにしましょう。
 そのためには日頃からの予防も大事になる事も忘れずにしましょう

 

 次はこちらの記事です。
 喉が痛いときに効く薬と飲み物とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。